×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小胸の私も自身が持てた! ダイバーのための水着の選び方を伝授させていただきます(笑)

    「胸が小さいから、

          ダイビングの後もウェットスーツは脱ぎたくない」

もう、悩まない!
ずーっと、そう思っていた わたし が、変わった理由

小さな胸を隠したいから、  
  ワンピースを着てたんけど、
実は、凸凹のなさ(まな板、、、)が、
目立っていたのです、、、(┳◇┳)泣。

洋服で、体型をカバーできるのを知っていたのに、
どうして、水着でもできることに、気がつかなかったのかしら?

● 胸が小さい私たちは、
1.リボンなど、アクセントのついたデザインを選ぶ

 胸が小さいと、やっぱり隠したくなって、ワンピースタイプのデザインを選んでしまいがちですが、ワンピースタイプは、凸凹のなさが余計に目立ってしまいます(涙)。  また、シンプルなデザインの水着も、すっきりしすぎて、さらに胸を小さく見せてしまいます(涙涙)。 でも、リボンフリルがついていることで、胸を立体的に見せることが可能です。

 また、膨張色や、花柄ボーダーなどの水着も効果的です。 この場合も、アクセントがある水着のほうがいいですね。

2.パットを効果的に使う

 耐水性のパットもあり、はさみで自由に大きさを調節できるタイプもあります。
胸を下から持ち上げるように、水着の内側につけたら、いい感じです。

 ここで気をつけなければいけないのは、胸が大きく見えることに嬉しくなって、パットを重ねすぎたりして、不自然になってしまうことです。 あくまでも、自然に見えるように調節しましょうね。 ダイビング中に、ずれちゃうといけないしね。

 以上、水着を選ぶ時の注意点でしたが、ダイビングとなると、ウェットスーツや、水圧による締め付けが気になりますね。 実際、痛かったです、、、。

 だから、大き目のリボンはやめて、派手な大き目のフリフリな水着にしました。 ””バンドゥビキニ” しかも、今年のトレンドだそうです。 これ、お奨めです。 ⇒

 〜 最後の注意点 〜

 ワイヤー入りの水着は、ご法度ですよ。 ワイヤーと胸の隙間ができて、体を動かすたびにパカパカしたり、上から見えてしまう危険性も。


 ★ 相対効果を狙ってウェストを引き締めると、胸が大きく見えますので、これも効果的ですよ。

 


 ★ バストアップしたい方は、こっそり自宅でできちゃいます ^^;


 ★ わたしのバディは、”胸元ニキビ”でした、、、。


 ★ ちょっと気になるムダ毛の手入れ

 エステに行くには、恥ずかしいし、お金もかかるし、、、。 そんなあなたに。 ↓↓

 それから、最後に。
ウェットスーツを平気で脱げるようになったわたしは、今度は、日焼けが気になるように。
痛んだ肌は、わたし達女性の敵です。 魅力的な女性でいるために、スキンケアは、欠かせませんね!

 「洗顔、洗髪、お風呂、シェービングと、文字通り頭のてっぺんから足の先までお使い下さい。
 化学薬品は一切使用しない天然成分の弾力あるクリーミーな泡が、皮脂や汚れをしっかりと洗い落とし、若々しく美しいお肌を保ちます。

 日本の漢方医研究グループの十数年の研究から生まれました。 14種類の天然エキス配合。 内側から健康で美しい肌を育てる。まるで洗う美肌サブリメント。

 あなたの『ラクしてキレイ!!』をかなえます。」 だって。

こちらから、見てみて ⇒ ⇒ ⇒